四十肩,五十肩の鍼灸治療

 

「四十肩」「五十肩」
=「肩関節周囲炎」

「四十肩」、「五十肩」は40代以降に発症する肩の痛みと肩関節の動きが制限される症状が代表的です。医療者は「肩関節周囲炎」という名前で呼ぶこともありますが、「四十肩」「五十肩」「肩関節周囲炎」は、どれも同じものです。

四十肩、五十肩になる方は多いものの、原因は現代の医学でもあまり良くわかっていません。

凍結肩(frozen shoulder),癒着性関節包炎(adhesive capsulitis)という表現や、アメリカ整形外科学会(AAOS)が「内因性の肩関節性疾患がなく発症する病因の不明な肩の自動・多動両方の運動制限」を一時性肩拘縮と定義している。

このように四十肩、五十肩は明らかな成因、病態は不明な点が多いがなんらかの形で「肩の筋肉や腱が動きが悪くなり、やがて関節包や滑液包に癒着などが起き関節拘縮(関節の固さ)が起きている状態で、日本人だけではなく世界中の人を悩ませている症状です。

左:正常な肩関節
右:炎症、拘縮のある肩関節

四十肩・五十肩
典型的なパターン

四十肩、五十肩

痛みと拘縮

「炎症期」「拘縮期」「回復期」
-赤色線(痛み)
-灰色線(関節の動き)


炎症期
Freezing phase(疼痛性筋性痙縮期)

・肩の痛みを自覚し始める
(原因が必ずしも明確ではない)

・だんだん痛みは強くなり、寝る体制によって痛みが出るため、痛みのない体制を探す必要がある

・整形外科、整骨院、マッサージを受けるが一進一退

・痛み以外にも、肩が少しずつ固くなり、動きの悪さを自覚する(シャツが着にくい、髪がときにくい、下着のホックがとめれないなど)
・肩の痛みに内科、循環器等の病気、疾患はない

「慢性期」
Frozen phase(筋性拘縮期)

・痛みは急性期から比較すると軽くなる。

・関節の固さ(拘縮)が目立つ時期

・洋服の着脱や、洗髪、髪をとかすなどが日常生活で不自由な時期

「回復期」
Thawing phase

・いよいよ雪解け!治療をするたびに痛みが和らぎ、関節の動きも改善してくる時期

どの治療時期でも共通しているのは、
「痛みを軽くする」「可動域を広げる」「治癒までの期間を短くする」ということを目標に鍼灸治療を行います。

 

『原因となるきっかけの有無』
きっかけとなる負傷があり、肩周辺に炎症が起こっていき、五十肩になる方もいれば、きっかけのない方もいる。

『運動量の差』
ゴルフ、水泳など運動をバリバリしている方もいれば、特に運動をしていない方もなる。

『年齢的な要因』
45歳頃から痛みを訴える方が増えてくることから、年齢的な変化に伴い発症も考えられ、関節を構成する骨、軟骨、靭帯などの影響や、最近では余計な血管が増えてしまうことが原因ということも言われています。

『重症度と治癒までの期間』
症状も軽症の方は治療をせずに短期間に治ります。
しかし、重症の方は、治療をしないと関節の硬さが残ってしまう(後遺症)ため、治療が必要です。

 四十肩、五十肩を治療する上で大切にしていること

田中はり灸療院では、
「整形外科で長く治療しているが、症状が改善しない。」
「マッサージや整体,整骨院に行っているが改善しない。」という方の来院が多く鍼灸治療は、残念ながら第一選択ではないのが現状です。

また、「他の鍼灸院に行っていたのですが改善しませんでした」という方の来院も多くあります。

WEBという限られた範囲内ですが、
「四十肩、五十肩の方に対して治療をしていく上で、大切にしていること」
「どんな特徴があるのか」
「どんな視点で治療をしている」
かなどに絞って書き綴ってみたいと思います。

「痛みがどこから発生しているのかしっかりと見極める力」

鍼灸が第一選択ではないという経験は、私たちの経験をより豊かにしてくれました。

私たちは、医療者は「後出しじゃんけんを許されている」

上の図は、Aの地点では、3本の線はある一定の場所によっているため、その違いはわかりにくい。
Bの地点では、それぞれの線はわかれている。

四十肩、五十肩の臨床で、B視点から、それぞれの患者さんの特徴を知るために「丁寧に問診」、「診察」を行い、さらに目的を持って治療を行い仮説の検証を繰り返すことを大切にしています。

恩師の米山榮先生(神経内科医、鍼灸師)教えに、「まず患者さんを傷つけないこと」「自分たちの仕事の範囲をしっかり見極めなさい」ということを大切にしています。

これは、経過をお聞きした上で、「心臓(循環器)」「内臓(内科)」等の問題が疑われればあれば病院への診察、治療を優先していただくこともあります。

この点から「治療技術」だけではなく、「診察力(問診・身体診察)」の技術も大切な要素です。

Aの視点でも大切なことは、患者さんの状態を治療院に来院された点として考えるのではなく、経過に対して「どんな変化をして、症状が改善していくのか」「それ以外にどんな経過が考えられるか」を説明を行い、「本当にその経過と同じ状況なのか」経過観察をすることで点から線で患者さんと関わりを持ち治療をしていくことで、より精度の高い治療を各患者さんに合わせて、改善を図っていきます。

※整体・マッサージなどの無資格者の施術では、疾患を見逃す事故も多いことが報告されています。
専門知識の
素人の方に身体を任せるのは非常に危険です。骨折や捻挫、外傷などの報告も多数ありますので、治療を目的での通院は、非常にリスクが伴います

 

「四十肩・五十肩」は期間の差は個人差があります。なぜ?

「急性期」→「回復期」

1~3か月で治る方に多いのがこの経過です。
上記グラフの赤線で始まり、鍼灸治療開始後、青に速やかに移行し、回復期へ。
このケースでは、痛みの強さも軽い状態で、改善に向かっていきます。

この時の治療の目的は、「肩関節周囲で起きた炎症の鎮火」にあります。

家事が起こり、燃え広がらない間で、しっかり消火活動を行うことで、早期に解決をはかります。

「肩関節の中で、どの組織が悪いのか」を特定し、
鍼治療の特徴として、
「患部の近くを刺激可能」を活かして治療を行っていきます。

症例A-1  右五十肩 61歳男性

右の肩が2か月程前より痛みを自覚し、整形外科にいってレントゲンの結果「特別な異常はない。五十肩でしょう」と診断され、湿布薬を処方される。
湿布を自宅で貼って過ごしていたが痛みが強くなる。また湿布にも負けるため貼りたくない。
耳鳴りの症状もあるため、当院での治療を希望。

所見)前方拳上は可能、側方拳上が困難:外転90度で痛み
他動運動では、やや固さを認めるも強い硬縮はない

評価)外転での痛みが強いことから、棘上筋や三角筋を中心に障害部位を推定

治療)特に効果的な治療として肩髃穴、四瀆穴を選択
関節周辺、星状神経節にスーパーライザーを照射
耳鳴りに対して内耳への照射と頚部の鍼治療を追加

経過)痛みは治療ごとに減少し、5診目終了時点で、ほぼ改善

「急性期」→「慢性期」→「回復期」

image112

痛みが起こりまずは「急性期」この時期は、個人差はあるものの、少しずつ痛みは強くなっていく傾向にあります。
「この時期は、痛みが強かったため、治療を受けるどころか、肩を触れられるのも嫌だった。」ということをよく耳にします。
患者さんによっては、「徐々に痛みが起こったため、自然と治ると考えていた。」という方もあります。

その後、肩関節周辺に拘縮といわれる固さ(上図の緑ゾーン)が出現し、「慢性期」へと入るこのままでは、「どんどん肩が固まってしまうのではないか」「これまでの受けていた治療方法では改善がないため、鍼治療にいってみよう」ということで、ようやく慢性期に入り来院される。

この時期に入れば、鍼治療で肩の拘縮部分へ積極的にアプローチが可能なため、治療ごとに関節の可動域を上げていきます。

毎回の治療で、変化が出てくるため非常に喜ばれます。

症例A-2 #左四十肩 45歳女性

左肩が半年前より痛みを自覚。
少しずつ痛みは悪化しているが、我慢ができる。

しかし、3か月を過ぎたあたりで、痛みがさらに強くなり服を脱ぎ着が困難。
下着を後ろで止めることはできず。ホックは前で止める。

整形外科を受診し、治療開始も変化がない。
むしろまだ悪化は続いている。

鍼治療という選択肢は、自分にはなかったが、ご両親の薦めで鍼治療があることを知り当院を受診。

所見)前方拳上は可能、側方拳上が困難:外転45度で痛み 伸展15度
他動運動でもしっかり固さがわかり、関節拘縮がある状態。

評価)外転での痛みが強いことから、棘上筋や三角筋を中心に障害部位を推定
それ以外に、伸展が困難なことから大円筋や、広背筋なども治療が必要

治療)特に効果的な治療として肩髃穴や三角筋部、大円筋、広背筋を治療することで、早期に伸展可能

関節周囲へは、体位変換ごとにスーパーライザーを照射

経過)痛み、関節の可動域が、治療ごとに改善し、10診目終了時点で、ほぼ改善

肩や背中に痛みがあるのに原因は、頚にある

頚椎椎間関節性タイプの痛み

頚椎椎間関節の痛み頚椎の椎間関節の周辺で炎症が起きるとその痛みは、頚だけでなく、肩や肩甲骨の内側に痛みが生じます。

「四十肩」「五十肩」は、「痛み+関節拘縮」という肩の動く範囲が狭くあるという特徴があります。

一方、頚椎由来の痛みでは、「肩こりに似た鈍痛」なんとなく重だるい感じ、疲労感が抜けない。また、頚椎からきた痛みの場合には頚部の動きで痛みが変化します。(頚を動かすと、肩の痛みが増える感じ、肩にひびく感じなど)

頚椎は7つ(C1-7)とあるが、それぞれの間に関節面があります。
痛みの原因となっている悪さがどの高さにあるかよって、痛みの部位は、右図のようにC2-3であれば頚の上部から後頭部にかけての痛み。C5-6、C6-7では、肩凝りに近い痛みが生じます。

この症状では、患者さんは「筋肉をほぐしたらいいんだ」「血流が悪くなっている」「リンパの流れが悪いなど」という発想からマッサージ、整体、リラクゼーション、アロママッサージなどあらゆるところへ行かれます。

しかし、その痛みの場所には原因がないため、当然治すことも、症状の変化も期待した効果はありません。

残念ながら当院にお越しになる方は、きちんと診察を受けずに施術され何も改善されずに来院されています。

鍼治療の魅力は、細い鍼を使用することで、痛みがなく目的の場所に侵入できるという点で、非常に優れています。原因をしっかりと探り、目的意識を持って治療を行うことが一番のこの症状に対する強みです。

症例 60歳 男性 左肩甲骨内側の痛み 左頚部の凝り感

1週間程前より、特に思いあたる原因なく発症。
少しずつ痛みが強くなり、先週の土曜日に痛みが最も強くなる。
1週間経過しても症状が改善されないため当院を受診。
以前より肩凝りは、経験あるが、今回の痛みは今までとは違う。

所見)
・胸痛、息苦しさなし
・冷感、冷や汗なし
・頚部の動きに連動して、肩の痛みが増える

補足)
今回の症状には、直接的な原因はないものの、身内の病気のことで心労が重なったことは、痛みの原因の一つの要素としてご本人は自覚している。

評価)頚部の動きで痛みの再現があること、肩の動きでは痛みが増強されないことから、
肩甲骨部の痛みは、筋肉性よりも頚椎下部周辺からの痛みと推察して治療を行う。

治療)若い頃に鍼治療の経験があり、刺鍼の際に鍼が好きということだったので、置鍼だけではなく、手技鍼(雀琢術)を行い心地よいひびきを出しながら治療を行う。
治療中にも、「先生!そこが悪いんです。」というマッサージにも似た感覚を再現しながら鍼治療を行う。治療直後に痛みは10→3へと変化。痛みの質がピリピリとした性質だった状態から角が取れたような丸みのある鈍痛へと変化。

この症例は、3日後に治療に来院された際には、すっかり痛みは良くなり、普段感じていた肩凝りの症状だけになっていたため、肩凝りの治療と、心労もあったことから、ストレスに対する治療穴(身柱、百会穴などを追加)

筋筋膜性疼痛症候群:トリガーポイントタイプ

ショルダーペイン1米国のトラベル博士が中心として研究された筋肉が起こす痛み、「筋筋膜性疼痛症候群 (トリガーポイント:引き金点)」という考え方があります。
トリガーポイントは、筋肉を触った際に索状の硬結というしこりがあります。
図中の×印にトリガーがあると赤の部位へ痛みが起こります(関連痛)。この際治療ポイントは、赤い痛みの部位ではなく、×印の部位が治療のポイントとなってきます。

鍼灸治療で用いる経穴とも非常に一致しており治療点としても有効なポイントです。

治療の中でも、意識的に、無意識的にも鍼治療では用いていきます。

当院の治療は鍼治療+SUPER LIZERでよりやさしく、より再現性のある治療へと進化

痛みのない鍼は日本人の感性が活かされた工夫

鍼治療で使用する「はり」は、先が注射針よりもずっと細く、皮膚に滑り込むように刺さっていくため、刺激が少なく痛みを感じにくい特徴を持っています。

また、鍼を刺す際に「鍼管(しんかん)」と呼ばれる筒状の道具を使うことで鍼が刺入される痛みを抑えられます。筒を使い鍼柄を指先で軽く叩けば、鍼先が瞬く間に身体に刺さります。

これは「管鍼法(かんしんほう)」と呼ばれる方法で、いつ刺されたか気づかない程です。当院ではこの方法を採用しています。

150913-0009

鍼は細く尖端は丸い

鍼治療が痛くないもう一つの理由に、鍼の太さがあります。蚊が刺す感覚を痛いと表現する方は少ないように、当院で使用している鍼も非常に細く蚊の口先とほとんど変わらない太さの鍼を用いています。

150913-0010

こんなに小さな赤ちゃんを治療しているのも当院の大きな特徴です。笑顔で治療を受け、笑顔で帰っていきます。
この子のお母さんも妊娠前から鍼治療を行い、妊娠期、出産後のケア(往診)を行い現在はお子様も治療しています。

使用鍼のシングルユース(ディスポ鍼)

エイズやB型肝炎・C型肝炎・メチシリン耐性黄色ブドウ球菌(MRSA)が引き起こす院内感染が大きな問題となっています。

患者さんの血液や体液が注射針などの医療器具に付着し、注射針を誤って指などに刺した医師や看護師が発病するといったケースが多く報告されています。

私たちは、患者さんの身体を守り、私たち自身の身体を守る必要があります。

このような危険を減らすために、当院の医療器具のディスポ-ザブル化(一回使用し廃鍼)を徹底、医療機関の注射と同じ基準で、当院では衛生管理を重要視しております。

150913-0011

SUPER LIZERの併療image28

当院ではSUPER LIZER(東京医研社)の近赤外線(直線偏光近赤外線療法)を鍼灸治療に合わせて併療しております。

SUPER LIZERは多くの大学病院で、多くの疾患・症状治療に使われています。

①近赤外線は身体の中に一番深くまで届く光です。
②直線偏光処理した光は傷を早く治す力があると言われております。

この二つの特徴を鍼灸治療と組み合わせることで、より効果が発揮されます。

深達性

体内の水に反応しない特殊な光を放出することで、深部の神経節に照射(SGR:星状神経節近傍照射)を行うことで、星状神経節ブロック(SGB)と同様の反応を引き出すことが可能です。

スーパーライザーの周波数帯解説の図

スーパーライザーによる治療の図

①過剰ストレスによる緊張をときほぐします

スーパーライザー星状神経節照射(SGLまたはSGR)によって副交感神経の働きが高まり、リラックス効果が得られます。
これで、ストレスや不規則な生活によって出ていた自律神経失調による症状が改善します。過剰ストレスによる交感神経緊張は、徐々に時に急激に身体に影響を及ぼします。
ストレスに気づいてはいても、対処法が見つからないという方が多いのではないでしょうか?ストレスは生活習慣病のリスクとして極めて重大なものです。生活習慣病を発症しないためにも予防が大切です。

②全身で血流が良くなります

血行を良くする副交感神経に直接アプローチするため、照射が終了して15分後でも血行が良い状態が続きます。
血行が悪い所には栄養や酸素が届きづらく、創傷治癒が遅れ、免疫力の低下、老廃物の代謝も阻害され老化が進みます。
スーパーライザーで手足だけではなく、胃腸などの内臓や脳を含めた全身の血行を良くしておくことは、今ある症状を取り
除くことだけでなく、将来の病気の芽を摘むという予防医学効果もあります。

星状神経節照射後の手と顔の温度変化
150913-0007