耳管機能低下
耳管開放症&耳管狭窄症

はじめまして、田中はり灸療院の遠藤彰宏,山口祐衣です。

現在当院では、年間600名を超える新患の方がさまざまな症状で来院されますが、その内4分の1の方が耳鼻科疾患で来院されます。
1年間に、来院される耳鼻科疾患の内訳は、突発性難聴が約80名,顔面神経麻痺約40名,耳鳴り約30名という内訳です。
(主訴:突発性難聴で耳鳴りを持っている方は、突発性難聴でカウントしています)

耳管開放症や、耳管狭窄症は、耳鼻科疾患で来院される方や、他の症状で来院される方から相談を受け治療をしております。

耳はとにかくデリケートです。非常に不快感があり、他の疾患とは比較することが難しく悩む症状です。

超小型の精密機械の内耳と、その情報を受け取るネットワークの神経。
そこに隣接している圧を変換するための換気機能が「耳管」の持つ役割です。

病院の治療でも「診断」の難しさと「治療」の選択肢が少ないことから、鍼灸院での治療は大切な役割をもっています。

鍼灸治療では、耳周辺、顎周りの局所的な治療と、全身の治療を組み合わせて行うことで、治療の改善狙っていきます。

症状が改善し、快適な生活がおくれるようにしっかりとサポートさせていただきます。

田中はり灸療院 遠藤彰宏 山口祐依

 

社会と共に生きる


患者さんの健康を守るため。
スタッフの健康を守るため。
社会を健康に保つため。

COVID-19と共存しながら、どう生活していくのか。
私たち自身もしっかりと考えながら
そして、社会環境に適応しながら
診療を継続していきたいと思います。

田中はり灸療院 一同

 

当院が耳管機能低下症をする上で
大切にしていること

当院では、鍼灸治療をする前に現在発症された耳の不調は
「なぜ発症したのか」
「現在どういう状態にあるのか」
を知っていただく必要があると考えています。

『耳管機能低下症』は、「耳管開放症」「耳管狭窄症」を一括りで表現しています。

その両者は、病名は違うものの、「耳管開放症」の方もある時点では「耳管狭窄症」の症状が出ていたり。
また「耳管狭窄症」の方が、「耳管開放症」の症状をが出たり。

そのため、「通院する病院が変わる場合」「担当するお医者さんが変わった場合」などで、
「耳管開放症」「耳管狭窄症」の病名が変わったりします。

私は結局どっちなの?という質問をよく受けますが。
耳管の働きが落ちていることには変わりなく「耳管機能低下症」と呼ぶのが一番しっくりきています。

このWEB内では、できるだけ医学用語を使わずにわかりやすい表現をしたいと考えています。
内容を呼んでいただき、解説について、ご自身の症状についてなど不明な点があればお一人で悩まずに当院へご相談ください。

■突発性難聴お困りの方はこちらへ
■耳鳴りについてお困りの方はこちらへ

 

耳管開放症とは

耳管開放症は、耳管が一定時間連続して開放していることにより、耳閉感や自声強聴(自分の声が大きく聞こえる),フワフワしためまい、低い音が聞き取りにくい、など不快な耳症状を訴える.

この病気は男女比は、女性に多く、疲れや睡眠不足の状態が続いたり、運動後の脱水や、急に体重が落ちた時に起こりやすくなります。
妊娠初期につわりで体重が落ちた時など、ダイエット以外でも起きる。

耳管開放症は、1840年にMullerが報告し、ついで1867年に耳Jago氏 によって初めて報告された病気です。

耳管開放症の方は、音に対する過敏さから「音程が二重に聞こえる」「音が割れる」
耳閉感のある方は、「飛行機や、トンネルで耳が詰まった感じがする」「自分の出している音の大きさがわからない」
頭を下にしたり、横になったり、お風呂に入ると一時的に良くなりますが、激しい運動をしたりすると悪化する。

自声強聴は、「自分の声が響いて不快になり、話すのが嫌になる」という方もいます。

耳管開放症は「原因になるストレスはありますか?」と質問すると「ある」と答える方が多く。
耳の症状だけではなく、頭痛、顔色が悪い、手足の冷え、立ちくらみなど、自律神経症状や、末梢循環の障害。
疲労感や神経質など様々な要因が絡み合って訴える方が鍼灸院へは来院されます。

また、耳管開放症は、症状の持続時間が異なるため、耳鼻科受診時には症状がない場合には、耳管狭窄症と誤って診断される場合や、様々な身体症状や、耳の不快が強すぎてうつ病と診断されてしまうケースもあります。

治療方法の一つとして、漢方薬(加味帰脾湯ツムラ137番)が比較的有効なことが知られています。

耳管開放症と耳管狭窄症

耳管疾患の二つの極

耳管狭窄症

  • 耳管の狭窄により、耳閉感がある。
  • アレルギー性鼻炎に伴うこともあり、盛んな分泌活動に伴い、 耳管粘膜の腫脹が生じます。
  • 副交感神経が優位になります。
  • 中耳炎など炎症反応へとつながります。

メモ:風邪や鼻炎で耳管の喉側の開口部が塞がれれば、耳管狭窄症になります

耳管開放症

  • 耳管の開放により自声強聴になります。
  • 睡眠障害を伴うことが多く、多彩なストレス状態が生じます。
  • 交感神経が優位になります。
  • 過剰な覚醒状態へとつながります。メモ:耳管狭窄症では、自声強調、自分の声が大きく聞こえるということはありません

耳管開放症の疫学

 

(メモ)

耳管開放症の診断基準(案)

 

1.3主張
(耳閉感,自声強聴,自己呼吸音聴取)
2.   体位変換
3.他覚的所見
(鼓膜の呼吸性動揺,話声の聴取,耳管機能検査)

 

正常な耳管の構造について

「耳の構造」

耳管は、上咽頭と鼓室をつなぐ管状の構造物で、頭蓋底深部を走行する。
管腔は閉鎖しているため通常のCTやMRIでは判別することが困難。

安静時に閉鎖している耳管は嚥下時などに短時間(1秒以下)開大する。

この開大する機能が障害されると耳管狭窄症となり、中耳腔の陰圧形成や、滲出液の貯留(滲出性中耳炎)をきたす。

耳管の開放が持続すると、咽頭と中耳腔を自由に空気と音声が交通することにより、「自声強調」,「自己呼吸音聴取」「耳閉感」などの症状を起こす「耳管開放症」となる。

「耳管について」

 

耳管は鼓室と咽頭をつなぐ連絡管で、成人では長さが約36mmある。
鼓室側の耳管骨部は12mm,咽頭側の耳管軟骨部は24mm.

◆耳管とは

耳から鼓膜までを「外耳」(がいじ)。

鼓膜から内部を「中耳」(ちゅうじ)。

三半規管やカタツムリのような部分が「内耳」(ないじ)。

その中で、耳管は分類的には中耳に入ります
普通の耳管は、ほどよく柔らかく閉じており、開閉の機能があるのが望ましいと言えます。耳管の長さは大人の標準で約3.5cmです。(耳管鼓室口から耳管咽頭口まで)

 

◆耳管の構造

耳管腔内の下部ほどに多くの線毛細胞が存在し、上部ほどに線毛細胞は少なくなります。
線毛細胞の少ない耳管上部は換気を行い、中耳内と外界との圧の調整に深くかかわっています。
線毛細胞の多い耳管下部は中耳側から流れてくる分泌物を排泄する役目を担います。
耳管の中は粘膜で覆われいます。中耳(耳管含む)の異物を外に出すためです。
耳管咽頭口(じかんいんとうこう)で鼻や喉に繋がっています。

 

「蝸牛について」

この筒状の蝸牛を輪切りにすると、中は3層の構造。
一番上から「前庭階」「蝸牛管(中央階)」「鼓室階」と名前がつけられています。
蝸牛管の中には、音を感知する装置がコルチ器があります。

コルチ器

コルチ器には、毛の生えた細胞、有毛細胞が規則正しく並んでいる。有毛細胞には、内と外がそれぞれあり、内有毛細胞は1列約3500個、外有毛細胞は3列約12000個が中央階の床(基底板)に並んでいる。

「蝸牛と音の高さ」

蝸牛内では、それぞれ音の高さを認識、反応する部位が異なります。

外耳に近い部位では高い音
蝸牛頂(中心部)に近い部位では低い音

「聴神経」

有毛細胞と連絡している神経は、ラセン神経節細胞といい、ラセン神経節細胞の神経線維が束になって聴神経を形成している。

内有毛細胞は多くのラセン神経節と連絡しているが、ラセン神経節1つ1つは1個の有毛細胞としか連絡していない。内有毛細胞が死滅するとラセン神経節も死んでしまう。

ラセン神経節細胞は生後間もなくからどんどん減少し、10代では3万個以上あるが、90代では1万個にまで減少するとされている。

蝸牛内のリンパ液について

「前庭階」「鼓室階」は、『外リンパ液』に満たされている。
外リンパ液は、脳脊髄液と交流をしているリンパ液。

「中央階」は、『内リンパ液』で満たされている。内リンパ液は、耳独自のリンパ液で体内で最もカリウムイオンの濃度が高くかつカルシウムイオン濃度が低い液となっている。血管条から分泌し、内リンパ嚢から吸収されて新しく入れ替わっている。この内リンパが聞こえを感じる重要な働きをしている。

当院での鍼灸治療とスーパーライザーの併用療法

①耳周辺に鍼治療を行いながら、スーパーライザーで内耳周辺の循環を良くする
(『部分最適:難聴や耳鳴りの原因として考えられる蝸牛周辺の局所循環の改善を狙う治療』)

②鍼灸治療と、スーパーライザー(近赤外線)を使用することによって、交感神経(自律神経)を抑制して、回復を促す
(『全体最適:全身性に治療を意識することで、治りやすいお身体の状態にする』)

 

治療の目的及び方法

1)全身の状態を良くする
全身状態を良くすることは、内耳だけでなく、自然治癒力への働きかけや、聴覚の閾値に対して働きかける(過敏性を取る)ことで、聴力の回復だけではなく、耳鳴りの改善にも期待ができます。

2)耳周辺を含む頚肩部への治療
突発性難聴に対しては、耳周辺部はもちろん頚肩部にも大事なツボが並びます。
聴力回復に有効なツボ、耳鳴りに有効なツボ、またその他反応を示しているなどを選択し治療を行います。

使用する鍼について

鍼治療で使用する「はり」は、先が注射針よりずっと細く、皮膚に滑り込むように刺さっていくため、刺激が少なく痛みを感じにくい特徴を持っています。

また、鍼を刺す際に、「鍼管(しんかん)」と呼ばれる、筒状の器具を使うことで、刺す時の痛みを抑えられます。

この鍼管を、指先で軽く叩けば、鍼先が瞬く間に身体に進入します。

これが日本が誇る「管鍼法(かんしんほう)」と呼ばれる江戸時代から続く特徴的な鍼の方法です。この方法で、鍼をすることで、いつ刺されたか、気がつかない刺入を実現します。

 

鍼の太さについて

鍼治療が痛くないもう一つの理由として、鍼の太さがあります。

蚊が刺す感覚を痛いと感じる方は少ないように、当院で使用している鍼も非常に細く蚊の口先とほとんど変わらない鍼を用いています。

150919-0016

よりやさしく、より再現性のある治療へ

SUPER LIZERの併療

当院ではSUPER LIZER(東京医研社)の近赤外線(直線偏光近赤外線療法)を鍼灸治療に合わせて併療しております。

SUPER LIZERは多くの大学病院で、多くの疾患・症状治療に使われています。

①近赤外線は身体の中に一番深くまで届く光です。
②直線偏光処理した光は傷を早く治す力があると言われております。

この二つの特徴を鍼灸治療と組み合わせることで、より効果が発揮されます。

深達性

体内の水に反応しない特殊な光を放出することで、深部の神経節に照射(SGR:星状神経節近傍照射)を行うことで、星状神経節ブロック(SGB)と同様の反応を引き出すことが可能です。

スーパーライザーは他のヘリウムネオンレーザーや、赤外線治療器より生体深達性が高い波長帯を選択

①過剰ストレスによる緊張をときほぐします

スーパーライザー星状神経節照射(SGLまたはSGR)によって副交感神経の働きが高まり、リラックス効果が得られます。
これで、ストレスや不規則な生活によって出ていた自律神経失調による症状が改善します。過剰ストレスによる交感神経緊張は、徐々に時に急激に身体に影響を及ぼします。
ストレスに気づいてはいても、対処法が見つからないという方が多いのではないでしょうか?ストレスは生活習慣病のリスクとして極めて重大なものです。生活習慣病を発症しないためにも予防が大切です。

②全身で血流が良くなります

血行を良くする副交感神経に直接アプローチするため、照射が終了して15分後でも血行が良い状態が続きます。
血行が悪い所には栄養や酸素が届きづらく、創傷治癒が遅れ、免疫力の低下、老廃物の代謝も阻害され老化が進みます。
スーパーライザーで手足だけではなく、胃腸などの内臓や脳を含めた全身の血行を良くしておくことは、今ある症状を取り除くことだけでなく、将来の病気の芽を摘むという予防医学効果もあります。
この反応を顔面神経麻痺に応用しております。

星状神経節照射後の手と顔の温度変化
スーパーライザーの照射によって15分後の体温が上昇している様子

 

『内耳循環をいかによくするか』
『自律神経・全身調整で回復力を引き出せるか』


生活時に気をつけて欲しいこと

体重減少が耳管へ影響があると考えられる場合
体重の増加もしくは維持
過度なダイエットを控える
多めの水分摂取
スカーフ・ネクタイの活用
鼻すすりをやめる

 

※スカーフ・ネクタイの活用
症状が出現した時に、首に巻いてあるスカーフや、男性ではネクタイを少し締めることで、症状の改善をさせることが可能です。
これは、頭部からの静脈の戻りをあえて少しわるくすることで、翼突筋静脈叢の容量を増やしてあげることで、耳管の内腔を狭くすることで症状を軽減させる方法です。
仕事中に、突然症状が強くなったときに可能な対処方法です。

初診料

 初診料
 一般  2,200円
学生、未就学児  1,100円

 

治療費

治療費
一般治療 5,500円
高校生・大学生 3,300円
中学生 1,650円

 

※価格はすべて税込み価格です

現金以外にPayPayでのお支払いが可能です。

【耳鼻科疾患 担当鍼灸師】

遠藤彰宏 AKIHIRO ENDO

はり師
きゅう師
あん摩・マッサージ・指圧師
不妊カウンセラー
大阪府出身
森ノ宮医療学園専門学校 鍼灸学科卒業
京都佛眼鍼灸理療学校 専科卒業
所属団体
JISRAM(日本生殖鍼灸標準化機関)
鍼灸SL研究会
日本臨床鍼灸懇話会
日本鍼灸師会
全日本鍼灸学会
福岡県鍼灸師会
福岡市鍼灸師会

山口祐依 YUI  YAMAGUCHI
はり師
きゅう師
福岡県出身
福岡医療専門学校 鍼灸科卒業

非常に長い内容で記載をさせていただきましたが、私たちが日常で経験している耳鼻科疾患、突発性難聴、メニエル、外リンパ漏やなど記載できたのは、ほんの一部です。
現在は、当院へ新患の患者さんは年間600名を超える方が来院されますが、そのおよそ4分の1が耳鼻科疾患です。
当院での治療が皆様の一助になれるように、真摯に臨床に取り組んでまいります。

田中はり灸療院 遠藤彰宏 山口祐依

 

その他,当院の専門分野

顔面神経麻痺と鍼灸治療

顔面神経麻痺の鍼灸治療

不妊治療と鍼灸治療について

逆子と鍼灸治療(エコー完備)

 

椎間板ヘルニアと鍼灸治療

四十肩・五十肩の鍼灸治療

急性腰痛の鍼灸治療