田中はり灸療院について
TANAKA ACUPUNCUTURE CLINIC
(福岡・天神)  

 ミッション
 鍼灸を通じ
「健康で豊かな未来を切り開く」

田中はり灸療院は1948年の開業し、今年で73年が経ちました。

過去から積み上げてきた「技術」と「経験」を大切にし、

現代を生きるものとして鍼灸に「科学」を織り込み、

未来を「創造」する。

 ビジョン
「THE」と呼べる鍼灸院へ

30年後の「100年鍼灸院」
その先、どんな鍼灸院を継承していくのか。
私たちはこれまで以上に、福岡を代表する鍼灸院として
「THE」 と呼べる鍼灸院を創ることをお約束します。

鍼灸にできること。
まだまだ私たちにできることが知られていない。
「もっと早くこの鍼灸院を早く知りたかった」
この時間をどんどん短くしていきたい。

その先には、「まずはあの鍼灸に相談してみよう」
そんな新しい健康のスタイルを提案できる鍼灸院を作っていきます。

Access 〒810-0001
    福岡市中央区天神3-12-12 天神田中ビル2階

 

予約電話   092-751-0227

 

当院の鍼灸師の特徴

遠藤真紀子がこの鍼灸院の代表です。
田中僅悟(初代院長)、田中正治(二代目院長)という鍼灸師の家庭に育ち、身近なところに鍼灸があった。


鍼灸師とは、どんな職業なのか。

鍼灸師とは、どんな職人なのか。
鍼灸師とは、どんな生き方をするのか。

田中はり灸療院の中にある

「THE」という鍼灸の柱、それは間違いなく遠藤真紀子の中に存在している鍼灸師像。

一方で、遠藤彰宏は会社員の父の影響を受け「社会性」という視点で鍼灸を見ています。

「鍼灸の世界にある魅力」×「社会性」×「デザイン」
目の前で起きていることだけに目を向けるのではなく、常に「俯瞰」して鍼灸院も、鍼灸も見ている。

「早く行きたいなら一人で行きなさい」「遠くまで行きたいならみんなで行きなさい」
遠藤彰宏が持つ魅力は、患者さんも含めてファンを増やし続けること。

「何をするか」よりも「誰とするのか」を大切にしているからこそ、
私たちは、信頼した仲間と協力して患者さんの治療に専念できています。

夫婦の視点の違い
若い鍼灸師の新しい視点
患者さんの視点

私たちはお互いを妥協することなく高め合うこと
お互いの魅力を尊重し合うこと
そして補い合うことで日々成長をしています。