CLINIC POLICY

私たち田中はり灸療院では、丁寧にお話しをお伺いすることから始めます。当院へ来院するきっかけとなった「症状」はもちろん。その症状がなぜでたのかという「背景」や「物語」が各患者さんごとに異なります。

私たちがこれまで経験してきた鍼灸治療の引き出しの中から何を優先的に「治療」を行うべきか。

より治療の効果を発揮し、症状を改善するためにどんな日常生活指導が必要か。

これまでの医療のように、「先生」と「患者さん」という上下の関係ではなく。

「一緒に問題を解決をする」という同じ視点に立って考え続けること。

「患者さんと一緒に考える」
その中で、私たちは専門的な「知識」「鍼治療技術」を提供する。

そんな鍼灸院を目指しています。

ABOUT CLINIC

「鍼灸の専門×治療に特化」

田中はり灸療院は69年の歴史を持っています。
その中で、当院の特徴は2つ「鍼灸治療の専門」として鍼灸治療のみで治療院を継続しているということ。
多くの治療院は、按摩・マッサージ・指圧や、その他の治療方法を併用する形で、鍼灸治療のみで治療しているところは非常に稀です。

また、「治療に特化」 鍼灸治療の中で、何かの症状をもっている方に治療を行う「医学」としての側面と、「予防医学」に特化している点です。

 

特に当院の専門領域として
「痛み(整形外科、神経内科領域)」ぎっくり腰椎間板ヘルニア五十肩寝違え、肩こり膝痛

不妊治療(高度生殖医療領域)を中心とした妊娠、出産に係る分野」
逆子(産科領域)」
突発性難聴、メニエル氏病耳鳴り、顔面神経麻痺(耳鼻科領域)」に特徴を有しています。

 

その他、鍼灸治療は自律神経を介して症状の改善を図ることから、当院へ訪れる患者さんの症状は多岐ることも大きな特徴といえます。

ABOUT ACUPUNCUTURE

当院の鍼灸師の特徴

夫婦で行う鍼灸治療院トップ1 - コピー

 

遠藤真紀子(旧姓 田中)は、田中僅悟(初代院長)、田中正治(二代目院長)の家に生まれ鍼灸師と職業に幼少期から育ったことで、「THE鍼灸」という柱をしっかり持っている。

遠藤彰宏は、会社員の父の影響を受け社会という視点を鍼灸を見ている。鍼灸の世界にある魅力と、社会の中で成功している事例に触れ、鍼灸に活かすべきところは何かということを考えながら、日々の「鍼灸という仕事を楽しんでいる」

お互いの視点の違いを楽しみながら、私たち二人はお互いを高め合うこと、お互いの魅力を尊重し合うこと、そして補い合うことで日々成長をしています。

そして、一緒に働く大切な仲間の西村奈央(鍼灸師)という若い視点によって、私たちもとも成長することができ、30年以上当院で働いていただいているレジェンド高田良子さん(受付)によって、これ以上ない安定感の中で治療に集中できる環境を作っていただけています。