採用情報

当院では、通年に亘ってご応募を受付けています。

ただし、応募の方が当院の社風に合う方で、かつ、その方に適した職席が弊社の空席として存在する場合に採用しています。

応募希望の方、ご質問のある方は、下記担当者までメールをお送りください。

募集職種女性鍼灸師(はり師・きゅう師)
勤務地福岡県
給与当社規定による
採用担当代表取締役社長 遠藤彰宏
メールinfo@tanaka-harikyu.jp

 

はじめまして田中はり灸療院の代表遠藤彰宏です。
この度鍼灸師の採用募集を開始しました。

少し長くなりますが、私たちがどんな鍼灸院で、どんな挑戦をしてきたのか。
そして過去よりももっと大切な未来をどう描いているか。

このあたりをご理解いただいた上で、お互いに良い関係で働けることを願ってこの文章を書いています。

自分が見た鍼灸

1982年生まれで、18歳の高校卒業後に森ノ宮医療学園の鍼灸科へ入学
21歳ではり師・きゅう師の免許を取得しています。

はり師・きゅう師の免許取得後は、日中はり師として勤務しながら
京都の佛眼鍼灸理療学校へいきあん摩マッサージ指圧の免許を24歳で取得。

その後はすぐに結婚し、田中はり灸療院に勤務しています。
この鍼灸院は、妻・遠藤真紀子(旧姓田中)の実家の鍼灸院です。

1948年に開業し、現在で75年を迎える鍼灸院です。

皆さんは、75年ってどんなイメージを持ちますか?

外から見える鍼灸院のイメージはもしかしたら、
「老舗だから固定の患者さんがいた」
「何か老舗ならではの秘訣があるのではないか」
「鍼灸は口伝の時代が長く続いたので、その歴史を踏まえて門外不出のものがあるのではないか?」

少なくとも私が外部から見る老舗の勝手なイメージはそんなイメージを抱きますし、
実際にそういう話題をふられることもあります。

でも、実際にはこれを読んでいただいている先生や学生さんの中には、
現在うまくいっていない日常が何かあると思います。

私がこの15年間この鍼灸院で学ばせてもらったことは、
初代、2代目から学んだことはもちろんありますが、
それだけではなくいかに現在の環境に適応していくのか。

時代にあった鍼灸院へチューニングすることや
次の時代を目指した鍼灸院の土台を創る

そんなことを一つ一つ課題を乗り越えている。

鍼灸専門

この時代って、鍼灸師として働けることが嬉しい。
治療ができる環境で、患者さんに鍼灸ができる喜び。

整骨院で働いたり、マッサージをしたり、
これは求められるからしている場合も
生活のためにやっている場合もあると思います。

求人を探して当院に辿りついた方は、
はりをしたい。きゅうをしたい。

そう考えている人だと思います。
私たちは鍼灸治療の専門治療院です。

マッサージを行うこともありません。

自分が鍼灸師になった新卒時。
一緒に働く仲間から聞く卒後の同級生の現状。

鍼灸師として働いている人の割合は何%でしょうか?
鍼灸のみで働いている人の割合は何%でしょうか?

みんなが鍼灸師を目指した時の理想はもっと違ったはずです。

皆さんが悪いというより、この業界の何かが欠けているという問題意識を少なくとも当院は持っています。
これは私たちが問題意識を持っている。
危機感を持っているのであり、実際の業界の問題意識が他にあったり、行動は別なところにあったりしても構いません。
あくまでも主観的な「わたしたちです」

もっと鍼灸は人に喜んでもらえる仕事だし。
鍼灸師がベッドサイドで患者さんと過ごす時間は、価値のあるものにできるし。

ボタンがかけ違っているだけで、鍼灸そのものを否定するものではない。

技術者の錯覚

私自身も鍼灸師ですし、鍼灸の業界しか知りません。
ですので、この技術者というのは、私も含まれています。

鍼灸って楽しい
鍼灸は凄い
鍼灸は面白い

ってずっと思っています。

「では世の中に出てくる鍼灸の受療率ってなぜあんなに低いのか?」

2代目がよくいっていたのは、
「いい技術になれば自然と患者さんが集まってくる」

そう私も教わりました。
論理的に考えてみたいと思います。

現状は患者さんが目の前に溢れていない(結果)

では、この現状は「私には技術がない」(原因)と言えるのでしょうか?

もし技術があるという状態になれば患者さんは思ったように来院してくれるのでしょうか?

またその技術とは、いつある基準に達するのでしょうか?

ここでいいたいのは、技術を軽視しているわけではありません。
提供できるレベルの技術があることは当たり前です。
私たちは鍼灸のプロです。

それぞれのプロフェッショナルと呼ぶ定義も異なるので、
それぞれ議論の方向性は変わってしまうと思います。

技術を磨くことと同時に必要なことは、
その自分の技術。自分たちの技術や成長、価値に合わせた洋服を着せ替えて価値提案をし続けること。
その上で、「鍼灸」「鍼灸師」「鍼灸院」が患者さんに関わることで、感動体験を生み続けること。

その価値提案の形は、20代の技術者の私には持っていない視点でした。
そこは、もう10年以上模索しながら、少なくとも今の形になっています。

技術者の錯覚

もう一つは、尊敬できる鍼灸師の先生にはありがたいことにたくさん出会えてきました。
出会う先生それぞれこだわりがあり、技術も知識も磨き続けている先生ばかりです。

ですが、数字は強くない。
雇用する意識はない。

こんな経営者になりたいと感じる鍼灸師に出会うことは稀だと思います。
もちろん、学会という学術の場にいって経営の話をするわけではないし、そこは接点が生まれにくいのかもしれません。

整骨院を経営している人とは日常が違いすぎるので、この中に良い経営者の人がいるかどうかは、私にはわかりません。

少なくとも20代の私は、義理の父が引退して鍼灸院を永続させるにはどうしたらよいか。と考えてはみるものの。
現状のお金の流れが掴めません。

現状のお金の入りと出はもちろん見ればわかります。
しかし、このビルは償却資産で、改装工事をして、この機械は何年償却で。

今の現状に、どこに投資はしても良いのか。
などなど先に会社がお金を使い、どうやって毎月の経費、毎年の経費として計上していくのか。

このあたりの数字が読めない限り、必要なタイミングで、「戦略」も「戦術」も計画することすらできません。

鍼灸院の全員が数字を読める必要はないが、一人は読める人が必要。
当院の現状としては、月次で締日を設けて毎月数字がどうなっているかはわかる状態です。
会社としては当たり前のことで、世間でも当たり前です。
では、鍼灸院はどうでしょうか?

雇用を生み出す

私と妻二人で鍼灸をするということは実は簡単です。
私が一生懸命鍼をする。
妻が一生懸命鍼をする。
必要なところは協力する。

一緒に鍼灸院をしても良いし、
別々に鍼灸院をしても良い。

ここで簡単というのは、自分の頑張りなんて自分でどうにかなる。
「自分の鍼灸は信用できる」って鍼灸師の方は多いと思います。

でも、自分は、自分のやってきた努力と、自分の感覚と、自分の経験によって、
今日目の前の患者さんに何ができるのかを考えて行動をする。

自分のことは何とでもできる。
簡単という言葉の意味はそういうことです。

自分たちが雇用をスタートさせたのは6年前でした。
最初は1人の雇用からスタートさせながら、
「どんな成長をするのか」
「何を教える」「どこは待つのか」
「情報共有の形はどうするか」
「どこは介入するのか、しないのか」
「どこまでを任せるのか」
「どんな基準で成長を図るのか」

21歳の新卒の鍼灸師もいれば、30代の社会人経験者。
また自分での鍼灸師としての開業経験有りなどみんなさまざま。

それぞれの個性に合わせて指導方法も、
介入方法も全然違う。

今次の段階へ来ているのは、
育てる側の人数が増えてきていること。

「個」が成長することと同時に「組織」が成長する

チームとして何ができるのか。
これが個人の鍼灸院は全く異なるところです。

全員がスクラムを組んだ時に、どんな化学反応が起こせるのか。
これは個々の能力が高まってきて、全員でいくぞっていう意識は持ちながら、
自分が推定している潜在能力と、現在地という点ではここからどう爆発させるかといった段階のため、
一緒に内側で混ざってみたい方。

何を掛け合わせるか

それぞれの状況によって、現在の問題点は違うと思います。
なので、これが当院で身に付きますということは断定しにくい。

自分が鍼灸師としての生存確率って何%でしょうか?

一人ではできないことを他者の協力と、能力を掛け合わせることで
新しいことができる。

鍼灸の業界以外では、当たり前に起きた変革が鍼灸の業界ではまだまだ起きていない。

週に1回、2回しか勤務できないんです。
だけど鍼灸の仕事が好きなんですっていう方。

鍼灸院を開業していて、自分で一生懸命仕事をしてきたけど、
まだ自分の描いた未来に近づいていない中で、新しい何かを探している方。
開業しながら働く方法を探しませんか?
これは今回の雇用とは違う話ですが、一緒に働かない方法としては、私たちを雇用するという方法もありだと思います。

鍼灸学校を卒業して整骨院に就職したけど、
マッサージしかしてさせてもらえていない。
副業が可能な職場なら一緒に働けるなぁって思っています。

最後に当院で大切にしている言葉
「早く行きたいなら一人でいきなさい 遠くへ行きたいならみんなで行きなさい」

良い出会いになることを楽しみにしています。

田中はり灸療院 遠藤彰宏