鍼灸科に学ぶ

未来の鍼灸師のための

鍼灸治療

 

はじめまして

はじめまして。
田中はり灸療院の遠藤彰宏です。

鍼灸学校に入学して、学年によっても課題は変わってくると思いますが、先の見えない不安ってあると思います。

鍼灸について、臨床での治療についてなど、
今、皆さんが知りたいこと、現役の鍼灸師に聞いてみたいことは何でしょうか。

私たちが学生の頃は、コロナの影響はもちろんありませんでしたので、
気軽に実技授業ができたり、学校に早く行って、鍼や灸をしあったり
当たり前にできていたことが、今の世の中では難しくなっています。

学校の授業も昨年はオンライン授業で、鍼や灸を触る時間はとにかく少ない。

鍼灸学校に入ってみて、
実は鍼灸院の就職が極端に少ないという現実も知らされたりします。

自分の理想を貫くには、すぐに開業をするのか。
鍼灸整骨院でマッサージや電気治療をしながら、経験を積むのか。
少ない枠の整形外科などの医療機関に勤めるのか。

鍼灸学校の学生さんの学年や、年齢によっても今現在の不安や、不満の形は個々に違ってくると思います。

そんな学生の方に当院で何ができるかを考えてみました。

学生の時代だから経験して欲しい鍼灸治療と体験を田中はり灸療院よりGiftしたいと考えました。
良いきっかけになれば嬉しいです。

当院の特徴


田中はり灸療院はすでに 1948 年に開業して 73 年が経過しました。

普段治療する症状として、
肩の凝り・痛みや腰痛、ヘルニア、神経痛など、「整形外科」や「神経内科疾患」
不眠や不定愁訴、「自律神経失調などの体調不良」
突発性難聴、耳鳴り、耳管機能低下、顔面神経麻痺などの「耳鼻科疾患」
脱毛症、または魚の目(鶏眼)のお灸治療のような「皮膚科疾患」
不妊治療(女性・男性)、逆子のお灸治療
お顔への美容鍼

これらの幅広い疾患を6名の鍼灸師でそれぞれが専門性を持って治療を行なっています。

私の学生時代

はじめまして院長の遠藤真紀子です。
この鍼灸院は私の祖父が開業しました。

私も父も大阪の吹田にある米山鍼灸院で弟子入りをさせていただき、その環境で学んだこともたくさんこの鍼灸院の中に活かされています。
弟子入りという制度が現代の労働環境では難しい。

弟子入りの良さを残しながら、現代にどう活かしていくのか、バトンを受け継いでいくのか。
そんな課題を私自身は持っています。

私自身も鍼灸師になって、すでに17年が経過して、若手といっている場合ではなくなってきています。

学生の皆さんには、17年後ってすごく遠い未来かもしれませんが、17年ってあっという間でした。

私自身今でも必死に自分を磨きながら、もっと私たちにできることがある!
そう思いながら歩んでいます。

大きな変化は、この数年、私たちには仲間ができました。

鍼灸の免許を取得してすぐの状態から関わり、どうやって成長していくのか。
新しいチャレンジを日々しています。

最近では、学生の方との交流も増えてきて、
この鍼灸院の役割はもっとあることを認識し始めています。

1対1で私たちの時間を独占する

この数年の経験から、私たちが持つ臨床での経験や、自分たちが課題を乗り越えてきたこと。
現在も皆さんに負けないスピードで成長を続けていますので、今どんなことを意識しながら、課題を見つめているのか。

「これを共有することで、鍼灸師を目指す学生の方の役に立てる」と考えました。

もちろん情報を共有するというだけなら、講演みたいな形で提供するのも一つかもしれません。

私たちが提供する価値は、不特定多数の人に発信をしたいとは考えていません。

今のコロナの状況で、お互いに大切な時間を1対1で時間を確保して使う。

実際に当院で行なっている鍼灸治療を受けていただきながら、
その中で質問に答えたり、臨床での経験をお話をさせていただくなどをしてみたいと思います。

私たちが行なっている鍼治療の感覚は、おそらく皆さんはまだ体験したことがない鍼の感覚(ひびき)を体験してもらえます。
鍼のひびきの体験だけでも、学校では味わうことができない貴重な経験だったりします。

学生さんからよくある質問

鍼灸の学生時代はどんな過ごし方をしていましたか?
鍼灸師を目指した時と今って、思った通りになっていますか?
鍼灸師っていう仕事ってぶっちゃけどうですか?
柔道整復師にはなぜならなったのか?
夫婦で同じ免許を持って働くってどんな感じですか?メリットデメリットは?
学生時代の成績ってどんな感じでしたか?
どんな患者さんが来ていますか?
面接の時、意識して観ているのはどんなところですか?
採用をする時、採用側はどんなところを意識していますか?
この鍼灸院ではどんな教育システムですか?
鍼灸以外にどんな勉強をしていますか?

鍼灸師になって1年目、2年目、3年目と、それぞれどんな過ごし方をしていますか?
開業をしていた時と、今、田中はり灸療院で働いてみて、実際どうですか?(岩佐ゆかり)
現在も個人で開業しながら、同時に田中はり灸療院で働くって実際どうですか?(小坂知世)

治療費は学生料金が適用になります。
この治療費で、私たちの時間60分を買う!
1人占めするって考えてください。

初診療 1,100円
診療費 3,300円
(初回のみ 初診料+診療費の4,400円)
初診時は学生証の提示をお願いします。

*完全予約制のため、なるべく前日までにお電話でご予約ください。
*コロナ感染防止の観点から、この時期は発熱や感冒症状などがある方はご遠慮ください。
複数名での同時予約もお控えいただきたいと思います。
*美容鍼をご希望の方は 6,600円(初診料込み)とさせていただきます。
また、予約枠が限られていますので、ご相談ください。

【支払い方法】
現金

クレジットカード


 予約方法

 1.LINEから直接予約をする

LINE ID:tanakaharikyu

2.instagramのDMから予約

3. 電話で予約する

092-751-0227

STAFF

#1
遠藤真紀子
CEO
(代表取締役社長)
はり師
きゅう師

#2
遠藤彰宏
CDO
(最高デザイン責任者)
はり師
きゅう師
あん摩マッサージ指圧師

#3
竹永百華
はり師
きゅう師

#4
荻侑花
はり師
きゅう師

#5
岩佐ゆかり
はり師
きゅう師
歯科衛生士

#6
 小坂知世
はり師
きゅう師
 小坂知世Twitterリンク@TOMOYO_harikyu(Twitterリンクへ)

# 7
福地弓子
Cabin attendant

#8
髙田良子
受付/事務
当院で30年勤務
どんなに昔の方からお電話をいただいても
「〇〇さんお久しぶりですね」
この安心感に私たちは支えられています。
当院のレジェンド。


男性不妊のための鍼灸治療

造精機能を高め精子の数と運動率の向上へ


椎間板ヘルニアによる
「痛み」「痺れ」を改善

MRIで見つかる異常とのギャップ
局所炎症を改善

 


ぎっくり腰・急性腰痛

鍼灸こそがぎっくり腰に対する
最高の治療

 1-2 回の治療で改善


「膝痛」「変形性膝関節症」

変形の程度と膝の痛みは比例しない
滑膜の炎症を抑える

 


「四十肩」「五十肩」

それぞれの時期に合わせて
「治療」や「リハビリ」を指導

 

電気を流す美容はり

「全身の調整」×「美容はり」
田中はり灸療院のSpecial

 

逆子の鍼灸治療

 エコーを使って胎児の位置を確認

 

突発性難聴の鍼灸×レーザー照射

内耳循環に集中させ改善を狙う
聴力固定までに行いたい
耳鼻科との併用療法

顔面神経麻痺「Bell麻痺」「Hunt症候群」

顔への適切な指導とリハビリの徹底

 


耳鳴りに対する鍼灸治療

「内耳」×「自律神経」×「認知行動療法」