次に求めていた人材
「新しい生活提案をする」

 

2020年コロナの影響が世界中に広がり、瞬く間に生活が一変した。

田中はり灸療院にも、その影響は大きく。
働き方も、意思決定もコロナを意識して行動をする必要があった。

4月、5月に診療はゆっくりしていたこともあり、多くの本を読み返した。
新しい本を買うというよりは、
これまで読んだ本の中から、もう一度コロナ禍を生き抜くヒントが欲しいと考えた。

正解はない中で、これまでの挑戦者の人たちはどう乗り越えてきたのか。
ただただヒントが欲しかった。

『MISSION』 岩田松雄


もう一度見直したかったのは、「私たちは何のために働くのか」

コロナでおびえる中で、もう一度働くことの意味を見出す必要があったし、
若い社員には、安全ということを配慮しながら、働くことに希望を見出してほしい。

特に印象的は内容は、この本の中で、スターバックスの人材教育に対する取り組み。

以前、スターバックスで仕事をされていた方の講演を聞いたことがあり、この人材教育に特に力を入れていることを力説されていた。

スターバックスでいつか働いた経験を持っている鍼灸師と働いてみたいなぁと思ったのが一つ。

もう一つは、スターバックスはコーヒーを売っているのではない。
家庭でもなく。
職場でもない。
「第3の空間を提供している」

だからこそ、競争相手は、他のコーヒーを売っているお店ではなく。
「ディズニーランド」のような非日常を体験できるところと戦っている。

素直に、コロナの時期だ。
「自分たちがやりたい鍼灸院をやる」

この仲間とだから創れる鍼灸院で、
この仲間とじゃないければできない鍼灸を。

ただただ、患者さんのためにやりたい。

『増田のブログ』
CCC
増田宗昭


もう一冊、コロナのタイミングで、社員と読み返した本の中で、CCC カルチャア・コンビニエンス・クラブ株式会社の増田宗昭さんの増田ブログ。

この本は、はじめて読んだのはもう数年前になるが、新しいことをしようと考えるときに、自分のやりたい挑戦は自分よがりになっていないか。

ちゃんと「患者さんのために」という意識があるのかどうかの温度感を確認する自分のものさしになっている本。

あぁ。
CCCの人と一緒にお仕事をしてみたいなぁ。

この時の一緒にお仕事をしてみたいなぁっていう気持ちは、
スターバックスの人と働きたいは、この会社の社員としてであってCCCの人と働きたいは、一緒に企画を動かしてみたい。

「一緒にお仕事をしたい」

この言葉の中には、全く異なる意味が含まれている。

運命の出会い

そんな中、7月に小坂知世と出会います。
鍼灸師になって、まだまだ勉強をしている際中なので、当院の治療を受けてみたい。

初回は、遠藤真紀子が治療を担当したので、他の患者さんと同じように、主訴に合わせて治療を行う。
当院では、通常初診を任された担当者が2回目以降にも治療を行うので、私の出番はないはずが、

2診目は、ぎっくり腰様の痛みということで、私が担当することに。

もちろん、腰の治療をするものの。

鍼灸師を志した人には、聞くようにしている質問で、
「なんで鍼灸師になろうと思ったんですか?」

「前職は何をしていたんですか?」

っていう会話をしました。

普通の会話ですね。

「前職は、CCCで働いていました。」

「CCC???」

「CCC!!!」

「CCC」

「えーーーーー増田ブログめちゃくちゃ読んでいます」
「武雄図書館が好きです」
「代官山の蔦屋行きました」
「枚方のT-siteも行きました」
ってその後の会話はずっとTSUTAYAの話だったと思います。

「何年後かにこの人と働きたいなぁ」

この時、自分の心に芽生えた気持ちです。

でも、まだ7月です。
4月に3人採用して、
このサイズの鍼灸院なのに、6名の鍼灸師、1名の社員、パート1名。

まだ自分たちのことで、精一杯だ。

そう思っていたんですが、
ご縁があって

12月より一緒に働くことに

 


私たちは12月に一緒に働くことになりました。

小坂を迎えることは、全員で行ったチャレンジの結果であり、

再び一緒にチャレンジをする仲間が増えました。

その一つ目のチャレンジが
「田中はり灸療院×TSUTAYA」
https://tanaka-harikyu.jp/tanakaxtsutaya/

TSUTAYA天神ショッパーズ店さんにご協力をいただきました。
健康本のコーナーの選書というチャレンジ。

この企画では、
「私たちは、本で出会い。本にヒントをもらいながら成長させてもらっている」
「普段から勝手にお世話になっている。一番近くの本屋であり、自分にとっては憧れのCCCさんと一緒にお仕事をしたい」

コロナの状況で、今たくさんの患者さんが急に来院が増えることは私たちは望んでいません。
でも、今できることはないかと考えたときに、

来院はしなくても皆さんに健康になっていただきたい。

そんなお力になれたらなぁという思いで小坂と初めてしたお仕事。
CCCさんと初めてさせていただいたお仕事となりました。

ぜひ一度TSUTAYA天神ショッパーズさんへ足をお運びください。

選書の中の一冊

木下孝一先生著「夫婦で始める妊活読本」

選書の中の一冊が店頭在庫がない状態です。
ぜひオンラインでご注文ください。
(リンク:TSUTAYAさんのオンラインサイトへ
※ご注文後TSUTAYA天神ショッパーズさんでお受け取りが可能です(店頭受け取り送料無料)