膝痛の鍼灸治療【変形性膝関節症】

変形性膝関節症とは

現在、約3,000万人もの人が変形性膝関節症で悩まされています。
高齢の男女、特に50歳以上の女性に多くみられ、関節軟骨や骨などが加齢に伴っての変化(退行変性)によって起こるとされています。整形外科の先生のところでX線を撮った際、「骨と骨の間が狭くなっています」「骨のところにトゲがありますね」などこれまで指摘を受けたことがあると思います。

『変形性膝関節症の主な症状』は、1.膝の痛みと2.膝の関節に水が溜まることが代表的です。

初期症状として、立ち上がり動作・歩きはじめなどの動作開始時痛がみられます。
もう少し進行すると、階段昇降時・正座時などでも痛みを感じるようになります。

これらの原因として加齢・肥満・運動不足が考えられます。

・加齢
軟骨に栄養を供給しているヒアルロン酸が減少し、軟骨が傷つきやすくなります。

・肥満
歩行時には体重の約3.0倍もの負担がかかっています。
体重が重いほど膝への負担も大きくなります。

・運動不足
脚の筋力、特に大腿四頭筋の筋力低下は膝関節の安定性を下げることになります。
そのため、ダイレクトに膝への負担がかかってしまいます。

特に膝内側に変性が起こりやすく、進行するとO脚(内反膝)へとなることもあります。

膝はどんな構造をしているのか

膝の骨について

膝関節は身体の中で最も大きな関節です。
大腿骨(太もも)・脛骨(すね)・膝蓋骨(膝のお皿)の3つの骨から構成されています。
関節の動きとして、顆上関節(ロッキングチェアのような構造)で屈曲・伸展・(回旋)の動きが可能です。
膝関節は、大腿骨と脛骨の2つの長いテコの支点となっており、最大のストレスがかかり外傷を受けやすくなっています。

膝の靭帯について

膝関節は特徴的な補助装置を有しています。
・前十字靭帯
・後十字靭帯
・内側側副靭帯
・外側側副靭帯
これらの補助装置は骨と骨をつなぐもので、前・後十字靭帯は主に前後方向の安定性を高めるのに対し、内・外側側副靭帯は左右の安定性を高めています。
靭帯はふつう関節包の外にあるものが多いが、関節内靭帯といって関節内を通っているものがあり、前・後十字靭帯はこれにあたります。
一般には「2つ以上の骨や軟骨を連結・支持するもの」とされています。

膝の筋肉について

膝関節の運動は、屈曲・伸展の2つの動きをします。
【屈曲に働く筋肉】(右の図)
・縫工筋 ・薄筋 ・腓腹筋
・ハムストリングス(半腱様筋・半膜様筋・大腿二頭筋)
【伸展に働く筋肉】(左の図)
・大腿筋膜張筋
・大腿四頭筋(大腿直筋・内側広筋・外側広筋・中間広筋)

関節について

骨と骨が接しているところを関節といいます。
内側の構造から説明します。

・関節軟骨
クッションの役割をしており、これがあることによって痛みを感じることなくスム―ズに動かすことができます。神経と血管が通ってないため、傷んでしまうと再生しにくいです。

・関節腔、滑液
関節腔内は滑液という潤滑油のようなもので満たされています。

・滑膜
滑液を分泌・吸収する部位です。
膝では歩行運動による衝撃で滑液がビュっと分泌されます。

・関節包
関節を包み込んでくれている袋状のものです。

膝の働きについて

膝関節は下肢の中心的な役割をしています。
にもかかわらず非常に不安定で適合性の悪い関節と言われています。
これを安定させるために、靭帯が膝関節の中では重要な役割をしています。
また、関節の適合性を良くするために半月板が備わっています。
膝関節の可動性(下肢を動かす機能)は広く、『歩行時で約60度』『しゃがむ動作で約100度』『正座では約140度』と大きな可動性をもっています。
その他にも支持性(体重を支える機能)に関してもかなりの負荷がかかっています。
『平地では約1.5~2倍』『階段昇降時では約2~3倍』『走行時では約5倍』もの負荷がかかることがあります。

 

 

鍼は膝の痛い患者さんの何を変えるのか。どこに貢献できると考えているのか?

 

その他の膝の痛みを起こす病気

●内側側副靭帯損傷(MCL)
・膝内側に圧迫した際に痛みが生じる
・屈伸時に膝内側に痛みが生じる
・膝を伸ばすことができない
・膝の安定性が悪くなる
・膝内側の腫れ

●外側側副靭帯損傷(LCL)
・膝外側に痛みが生じる
・膝外側の腫れ
・膝の安定性が悪くなる
・内側に反るとグラつく

●前十字靭帯損傷(ACL)
・痛みのため膝を伸ばすことができない
・『ブツッ』という断裂音(ポップ音)
・膝の腫れ、熱感
・膝くずれ
・膝に力が入らない

●後十字靭帯損傷(PCL)
・膝の腫れ、痛み
・膝の不安定感
・脛部痛

●内側半月板損傷、外側半月板損傷(MM,LM)
・屈伸時に痛みが生じる
・膝のひっかかり感
・階段昇降時痛
・膝が完全に伸ばせない(ロッキング)

●膝蓋靭帯炎(ジャンパー膝)
・スポーツ時に痛みが生じる
・膝下部の腫れ、熱感

●腸脛靭帯炎(ランナー膝)
・膝外側に痛みが生じる
・ランニング後に痛みが生じる
・休養をとると痛みは減少

●鵞足炎
・膝内側に痛みが生じる
・走ると痛みが増す
・遣いすぎ(over use)によって起こる

●変形性膝関節症(膝OA)
・膝に水がたまる
・膝に痛みが生じる
・動作開始時痛がみられる
・階段昇降時痛
・正座時痛

●オスグッドシュラッター病
・脛骨結節(膝のお皿の下の骨)の突出、痛み
・発育期のスポーツ少年に多い