早く行きたいなら一人でいきなさい
遠くへ行きたいならみんなでいきなさい

私たちは創業71年が経過したこの鍼灸院で
チームとして患者さんの期待に応え続けること

「伝統(アート)」×「科学(サイエンス)」
鍼灸院の新しい形を創造し続ける

私たちがどんな思いで集まったのか
どんなことをしてきたのか
どんなことをしていきたいのか

それぞれの一面をご紹介させてください

#5

岩佐ゆかり

福岡県出身
はり師
きゅう師

心を込めて鍼療

この鍼灸院に来られた方に笑顔でお帰りいただけるように、心を込めて鍼療を

新しく田中はり灸療院の一員になりました、岩佐ゆかりです。
私は元々、歯科衛生士をしていました。やりがいは感じていましたが、これから先の人生を想像した時に思うのは

「私が本当にやりたい事は、なんだろう」

悩みましたが

『確かな技術を身につけて、一生続けられる職業を』と、鍼灸の道に挑戦することを決めました。

再び学生として福岡医療専門学校に学び、鍼灸の国家資格取得後、女性の方に身体と心のリラクゼーションを提供したくて自身で開業し、そこでは主にマッサージと、お顔の美容鍼を行っていました。

「癒されました!ありがとう!」そんな言葉をいただくと嬉しくて、もっと頑張ろうと思う。
一方で、たくさんのお客様の身体に触れ、お話に耳を傾けているうちに、改めて『医療や治療としての鍼灸』の存在を意識するようになっていきました。

医療としての鍼灸を深めようと決心し、ご縁に恵まれて田中はり灸療院で働くことになりました。

この治療院には毎日たくさんの、様々な症状を抱えた患者さんが訪れます。

スタッフ全員が患者さん一人一人としっかりコミュニケーションを取り、信頼関係を築き、時には症状に隠れた問題を見出すなど、とても丁寧な診療に当たる姿に、日々学ばせてもらっています。

私も患者さんの声に耳を傾け、心情に寄り添える人であり、治療者でありたい。

1人でも多くの方の心と身体が楽になるお手伝いをしたいと思っています。

そして、田中はり灸療院の71年の歴史に、私が培ってきた『美容鍼』という新しい1ページが加わることで、『治療』とともに『女性の美と癒し』のお手伝いもさせていただきたいと願っています。

この場所で出会う皆さんが笑顔になって、お仕事に、家に帰れますように。

心を込めて、精一杯力を尽くしてまいります。