腸脛靭帯炎(ランナー膝)の鍼灸治療

 

腸脛靭帯炎(ランナー膝)の症状

ランニングをする方に多く発生する膝の外側、やや上部の辺りに起こる痛み。
腸脛靭帯炎は「ランナー膝」といわれ、ランニング(特に長距離)による膝障害の代表です。
走っていると、膝の外側がズキズキ痛む。
運動時や運動後に、痛みや違和感があることが多い。
悪化すると常に痛みがあり、運動時だけではなく日常の動きにも支障が出てしまいます。

腸脛靭帯炎とは?
ランナー膝になるのは、長距離ランナーだけ?
ここからは腸脛靭帯炎(ランナー膝)について、できるだけ分かりやすくお伝えしていきます。

腸脛靭帯炎(ランナー膝)とは

腸脛靭帯炎はランナー膝といわれるだけに、長距離ランナーに多いとされる膝障害ではありますが、実はランナーの方に限ったものではありません。
ランニングを習慣にしている方以外であっても、膝を使うスポーツや動作を繰り返す全ての人に発生する可能性があります。

例えば
・陸上競技やサッカー、野球などのスポーツを続けている方
・ジャンプ動作の多いバスケットボールやバレーボールをしている方
・部活動を行っている学生の方
・サイクリングを習慣にしている方
・登山をする方
・バレエや各種ダンスをされる方

運動以外にも
・長距離を歩く営業職の方
・重いものを運んだり力仕事など、身体を使う仕事をしている方
のように、下肢に負荷がかかることの多い職業でも、ランナー膝と同じ症状に悩む方がいらっしゃいます。

他に、身体的に筋力が弱い方、筋肉が硬くなっている方、O脚(体重が外側にのりやすい)の方も発症しやすいとされています。

膝関節と腸脛靭帯

膝関節は、大腿骨(太もも)、脛骨(足のすね)、腓骨、膝の”おさら”といわれる膝蓋骨が組み合わさってできています。
これらの骨の接合は浅いもので、骨同士が直接、結合しているわけではありません。
その間や周りにある半月板や靭帯のサポートで、安定したスムーズな動きができるようになっています。

この骨は私たちの体重を支える重要な役割を持っています。
立ったり座ったり。歩いたり走ったり。

日常生活から運動時まで、膝を曲げたり伸ばしたりできるのは膝関節のおかげで、
膝を使う時、私たちの体重の4~5倍、もしくはそれ以上の負荷が膝関節にかかっているのだそうです。

大腿(太もも)の外側にある大きな靭帯が腸脛靭帯です。
腸脛靭帯は、膝の曲げ伸ばしに合わせて大腿骨の外側を前後に動きます。
この時、腸脛靭帯は
大腿骨外側上顆といわれる”太もも外側にある骨の出っ張り”の上を動いています。
ランニングや運動で膝の屈伸運動が繰り返されるたびに、腸脛靭帯と大腿骨外側にある骨の出っ張りが擦れ合い、
この動き=刺激が繰り返されることで腸脛靭帯の炎症が起こり、痛みが出るようになります

腸脛靭帯炎の痛みに対して

・朝起きた時の痛み
寝ている姿勢(筋肉や関節を動かしていない)が続いたため、朝、起きてしばらくは筋肉が硬くなっている状態です。
身体を動かしてゆくと筋肉がほぐれ、徐々に痛みが引いてくるケースが多いので、固さをほぐすように、ゆっくりと身体を動かしていきましょう。

・運動時や運動後の痛み
痛みの度合いによりますが、痛みが続いている時に無理をすると炎症が悪化するかもしれません。
無理をしない、無理に続けないことが基本です。
痛みが出てから休むのではなく、痛みが出る前に身体を休める。
そして、もしも痛みが出たら、まずは安静を保ちましょう。
ランニングの距離を短くする、運動や作業の時間や量、メニューを減らしながら、コンディションをみてましょう。
運動後にストレッチやアイシングを行うなど、セルフケアを心掛けることが悪化を防ぐことになりますし、腸脛靭帯炎の予防にもなります。
**20分以上のアイシングは、筋肉を固くしてしまうので、やり過ぎないようにしましょう。
運動を再開する前には念入りにウォーミングアップを行い、筋肉を柔らかくしてから再開しましょう。

腸脛靭帯炎への鍼灸治療

患者さんのお話を聴かせていただき、問診・視診・触診を行い、症状の段階や痛みに合わせた治療方針を立てます。
まずはつらい痛みを軽減することを最優先に、そこから段階的に治療を進めていきますので、
気になる症状や分からないことがある時は遠慮なく尋ねていただいて、相談をしながら治療をしていきましょう。


男性不妊のための鍼灸治療

造精機能を高め精子の数と運動率の向上へ


椎間板ヘルニアによる
「痛み」「痺れ」を改善

MRIで見つかる異常とのギャップ
局所炎症を改善

 


ぎっくり腰・急性腰痛

鍼灸こそがぎっくり腰に対する
最高の治療

 1-2 回の治療で改善


「膝痛」「変形性膝関節症」

変形の程度と膝の痛みは比例しない
滑膜の炎症を抑える

 


「四十肩」「五十肩」

それぞれの時期に合わせて
「治療」や「リハビリ」を指導

 

電気を流す美容はり

「全身の調整」×「美容はり」
田中はり灸療院のSpecial

 

逆子の鍼灸治療

 エコーを使って胎児の位置を確認

 

突発性難聴の鍼灸×レーザー照射

内耳循環に集中させ改善を狙う
聴力固定までに行いたい
耳鼻科との併用療法

顔面神経麻痺「Bell麻痺」「Hunt症候群」

顔への適切な指導とリハビリの徹底

 


耳鳴りに対する鍼灸治療

「内耳」×「自律神経」×「認知行動療法」