ぎっくり腰で痛みにバリエーションがある理由

痛みや症状の違いには、「異常の起こっている筋膜深さ」や、「その周辺に起こった炎症の波及」により変わってきます。
腰と臀部が痛む場合には、脊椎の周りの脊椎洞神経などを介して(関連痛)、本来の悪いところ以外にも痛みを感じていると考えられます。

急性腰痛で特に治療部位となるのは多裂筋が対象になることが多いです。その多裂筋の中で損傷している筋線維、筋膜はごくごく小さいため微細な損傷部位を狙う治療はまさに職人技、芸術だと考えています。

ぎっくり腰を早期回復

ぎっくり腰のための鍼灸治療

腰部局所の循環改善×筋緊張の緩和×鎮痛効果
急性腰痛は短期に治す

ぎっくり腰