鍼治療が痛みがなくやさしい理由

ぎっくり腰の患者さんの多くは、鍼灸がはじめてで来院されます。
鍼のイメージは実際に受けた方の印象と大きく異なります。

鍼治療がやさしい理由

鍼治療で使用する「はり」は、先が注射針よりもずっと細く、皮膚に滑り込むように刺さっていくため、刺激が少なく痛みを感じにくい特徴を持っています。

また、鍼を刺す際に「鍼管(しんかん)」と呼ばれる筒状の道具を使うことで鍼が刺入される痛みを抑えられます。筒を使い鍼柄を指先で軽く叩けば、鍼先が瞬く間に身体に刺さります。

これは「管鍼法(かんしんほう)」と呼ばれる方法で、いつ刺されたか気づかない程です。当院ではこの方法を採用しています。

150913-0010

鍼は細く尖端は丸い

鍼治療が痛くないもう一つの理由に、鍼の太さがあります。蚊が刺す感覚を痛いと表現する方は少ないように、当院で使用している鍼も非常に細く蚊の口先とほとんど変わらない太さの鍼を用いています。

※同じ鍼という表現をしていますが、中国鍼はより太い鍼を使用し、鍼管を使わないため痛みが出やすいこともあり、当院では管鍼法を採用しております。

ぎっくり腰を早期回復

ぎっくり腰のための鍼灸治療

腰部局所の循環改善×筋緊張の緩和×鎮痛効果
急性腰痛は短期に治す

ぎっくり腰