紫外線を気に掛ける

老化とは細胞の修復の時に小さなエラーが続いていく事です。

それ自体は自然な事ですが、できたらエラーを起さずに同じ機能を保てると嬉しいですよね!

エラーを特に引き起こしやすくするのが紫外線。

全く浴びないのも問題があるのですが普段から気に掛けるかかけないかで違った未来が待ってます。

日焼け止めが当たり前になってきましたが苦手な私は、陰を選んで歩いたりカーテンを閉めたりちょこちょこと日光を意識しています。

保湿をする

表面のケアで一番効果的なのは保湿。

皮膚に何かを塗って中に浸透させるのはとても難しい事ですが蓋をして水分を逃がしにくくすることはできます。

水分が十分に保たれていると肌本来の機能を発揮しやすいのです。

お勧めはシンプルにワセリン。リーズナブルで続けやすいです。

抗酸化力の高い食べものを取る

植物が紫外線から自分を守るために作り出した力で、錆びて元気のなくなった細胞の錆を取ってくれます。

抗酸化はブドウの皮に含まれるポリフェノールなどワインをイメージしやすいですがピュアココアがお勧めです。

ココアのカカオポリフェノールは血管やお肌の錆を取ってくれるだけでなく脳の錆にまで効果があるといわれています。お肌に注目しない項目であれば書ききれないほどいいことがあるスーパーフードです。

基本的にはおさ湯を飲んでますが一日一杯くらいピュアココアにハチミツで甘さを調整して飲んでます。

同じような理由で粉茶もおすすめです。

夜は早めに食事をとる

遅くとも寝る3時間前には食事を済ませましょう。

胃の中に食べものが入った状態で眠ってしまうと体を休めるために使うエネルギーが消化ために使われてしまいます。胃が空の状態だと成長ホルモンも出やすく睡眠の質があがります。

断食もお勧めです。週に一度一食抜いてみるとか小さな所から始めてみましょう。

 

血糖を安定させる

血液の中の糖の量は一定にたも保たれています。

食事の内容によっては上下が激しく分膵臓や色んな臓器が頑張って一定に保ってくれますが、追いつかなかったりうまく働かなかったりすると血管がダメージをうけます。

お勧めの食品がオートミール。


急な血糖の上昇を抑えるので体の負担を減らしてくれます。

朝食後の血糖の上昇を抑えると別の物を食べる昼食後でも血糖もあがりにくいとゆう研究結果もあります。

お湯やレンジで簡単に食べられるので取り入れやすいです♪

 

全て小さな心がけですがコツコツと続けております